代謝酵素が薬品に影響を与える?誘導と阻害とは?

代謝酵素について

 

最近、やたらとCMや広告などで、酵素という言葉を
耳にする機会が多いと思われませんか?

 

ダイエットや美容に良いというイメージはあるものの、
酵素って何だろう?と思っている方も少なくないでしょう。

 

酵素ダイエットというダイエット法も話題となり、
代謝酵素サプリやドリンクなども、多く販売されています。

 

酵素とは?

 

代謝酵素について

 

酵素とは、何でしょうか?体の中に存在するタンパク質を
酵素と言いますが、酵素がなければ、
生命維持ができないと言っても過言ではないほど、
体にとって重要な働きをしています。

 

特に、代謝酵素という種類の酵素は、
生命維持に欠かせないものです。

 

呼吸や記憶、筋肉を動かすことなど、生きるために必要な動きを、
コントロールしてくれているのは代謝酵素なんです。

 

それで、代謝酵素を増やすことで、新陳代謝や
基礎代謝をアップさせることができるため、
ダイエット効果と美容効果があると言われています。

 

代謝酵素にはそのような良い働きもあります。

 

代謝酵素の働き

 

代謝酵素について

 

また、代謝酵素の中には体の中に取り入れた薬品に
反応するという作用もあるんです。

 

代謝酵素が薬品に影響を与えるものとして、
阻害と誘導という2つの働きがあります。

 

代謝酵素が薬品に反応して作用する誘導とは、
どのような働きでしょうか?
体の中で、どのような事が起きるのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について
調べてまとめてみました。

 

特に酵素を積極的に取り入れつつ、医薬品を
使用しているという方は、知っておくと役立つかもしれません。

 

是非、参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

代謝酵素の誘導

 

代謝酵素について

 

誘導

 

代謝酵素の誘導とは、何でしょうか?

 

薬物代謝酵素は、体の中に取り入れられた薬品を
体外に排出しやすい形に変化させ、
排出するという役目を果たしています。

 

一定の時間が経った後に薬を体外に排出することによって、
副作用を減らすこともできます。

 

代謝酵素の誘導とは、薬物代謝酵素が薬に含まれる
特定の成分により、増加してしまうということです。

 

酵素が増え、薬物代謝酵素も増加するため、
より活発に薬物代謝が行われます。

 

それにより、薬の成分が早い段階で、成分が変化させられ
体の外に排出されるため、薬の効果が弱まってしまいます。

 

血圧の薬とグレープフルーツを
同時摂取しない方が良いなどといわれるのも、
この誘導という働きが影響しています。

 

薬の作用が弱くなってしまう危険があるので、
この代謝酵素の誘導対策には、食べ物と
薬品の組み合わせなどを知っておくことが重要です。

 

 

TOPへ戻るバナー