酵素にはどんな種類がある?最近話題の代謝酵素の働きとは?

代謝酵素について

 

体に取り入れるものに注意しておられる方の中には、
体内での仕組みをよく理解することで、さらに
その効果を引き出せると感じている方も少なくないようです。

 

話題の酵素

 

代謝酵素について

 

最近、酵素ダイエットは、健康的に体重が落とせるだけではなく、
アンチエイジングや美肌にも効果が期待できる
ということで、
多くの女性や美容意識の高い方の注目を集めています。

 

酵素ダイエットを始めてみようか検討中の方や、
興味があるという方も多いと思います。

 

しかし、酵素ダイエットを始める前に酵素とは何なのか?
どのような種類があり、それぞれがどんな働きをしているのか?
ということを知っておくと役立つでしょう。

 

それで、今回この記事では酵素にはどのような種類があり、
どのような働きをしているのか?
という点について、
調べてまとめてみました。

 

酵素の種類ごとの効果や効能を知りたいという方、
酵素ダイエットを実践している方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

酵素の種類とその働き

 

代謝酵素について

 

酵素の種類には、大きく分けて3つあります。

 

消化酵素と代謝酵素という、体の中に存在している潜在酵素と、
食べ物から取り入れることのできる食物酵素の3つです。

 

それぞれは、どのような働きをしているのでしょうか?

 

潜在酵素

 

消化酵素

 

消化酵素は名前の通り、体に取り入れた栄養成分を消化し、
吸収するために必要な酵素です。

 

栄養素を吸収できなければ元気が出ませんから、
体の健康を保ったり、食べ物から栄養素を取り出すために
必要不可欠な酵素と言えます。

 

消化や吸収を助ける働きをしているので、
肥満や新陳代謝とも関わりがあります。

 

代謝酵素

 

代謝酵素は、酵素の中でも最も重要な働きをしていると言っても
過言ではない種類のものです。

 

代謝酵素の働きは、呼吸や記憶、体や心臓を動かすこと、
怪我や病気を治すといった基本的な生命維持に
必要不可欠なものです。

 

体に吸収されエネルギーとなった栄養素を体中に届けることで、
免疫力を高めたり、体の調子を整えるという働きをしています。

 

新陳代謝や自然治癒力、また老廃物の排出や
免疫力と深い関わりがある働きをする酵素です。

 

食物酵素

 

食物酵素は、代謝酵素や消化酵素と異なり、
食事などから摂取することができる種類のものです。

 

人間の体の中で作ることができる酵素の量には限りがあるので、
食物酵素を積極的に摂取することで、
消化や吸収を助けてくれると言われています。

 

 

TOPへ戻るバナー