酵素にも種類がある!代謝酵素と消化酵素の違いとは?

代謝酵素について

 

実は、酵素は健康や美容に深い関わりがある物質なのですが、
最近はその働きを利用したアイテムが多く販売されています。

 

では、酵素とは何なのでしょうか?

 

酵素とは?

 

代謝酵素について

 

酵素とは、タンパク質の一種です。

 

タンパク質と言うと、食べ物に含まれている栄養素の種類を
思い浮かべますが、実はタンパク質は
体の中で作られるものも含まれています。

 

体の中で作られ、使用されるタンパク質の事を酵素と言います。

 

酵素の種類

 

酵素には、主に3種類ありますが、
体の中で作られる酵素は潜在酵素と言われるものです。

 

そして、野菜や果物などに含まれていて、食べ物から
人間の体に入ってくる酵素のことを、食物酵素と言います。

 

食物酵素と潜在酵素の違いは、体の中で作られるのか?
食べ物から取り入れるのか?という点がかなり違いますので、
分かりやすいですよね。

 

しかし、実は潜在酵素にも2種類あり、
代謝酵素と消化酵素というものがあるんです。

 

どちらも体の中で作られる酵素ですが、代謝酵素と消化酵素には、
どのような違いがあるのでしょうか?
この違いを知っておくと、どんな良いことがあるのでしょうか?

 

酵素ダイエットをしているという方、代謝酵素と
消化酵素の違いが気になるという方は、
是非参考にしてみてください。

 

代謝酵素と消化酵素

 

代謝酵素について

 

違い

 

代謝酵素と消化酵素には、どのような違いがあるのでしょうか?

 

代謝酵素とは、名前の通り代謝に関係した酵素で消化酵素とは、
消化に関係した酵素です。

 

消化酵素は食べ物から取り入れた栄養を分解し、
体に吸収させる働きがあります。

 

糖分や脂質、タンパク質などを、
分解する働きを持っているんです。

 

それに対して代謝酵素は、食べ物から取り出したエネルギーを、
使うために必要な酵素です。

 

吸収された栄養素を細胞内にエネルギーとして送り出し、
身体を動かしたり、支えるという働きをしてくれます。

 

それで、新陳代謝や健康維持、呼吸など
全ての生命活動に関わる働きを司っている酵素というわけです。

 

違いを生かすには?

 

代謝酵素について

 

消化酵素と代謝酵素を合わせた潜在酵素のトータルの量は、
変わることがありません。

 

それで、消化酵素と代謝酵素のバランスを
生活習慣に気をつけることで良い状態に保つということが
とても大切なことです。

 

消化に必要な酵素を減らすことができれば、
健康維持に欠かせない代謝酵素の量を、増やすことができます。

 

消化酵素も、栄養を吸収するために必要なものなので、
どちらも欠かすことができない大切な酵素です。

 

 

TOPへ戻るバナー